« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

その6 プロペラシャフト

071

まずは エンジンをのせ ミッションを仮付けして プロペラシャフトの寸法を出しました

プロペラシャフトの加工には 少し時間が かかるので その間に メンバーなどを

製作です

061

もともと ベンツのプロペラシャフトは 2分割ですが ミッションが 長くなったので

1本物で いきまーす、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その5 搭載準備完了

054

ミッションが載せられる状態まで できました、

010

もともとのミッションは こんなに小さかったので 今度の5速ミッションはだいぶ大柄です、

ただ載せ替えるミッションもボディ側フロアトンネルには ぶつからずに収まりそうなので

よかったです、ボディ側まで加工すると大変な事になっちゃいそう、

重量は計り忘れましたが 結構、重くなっちゃいそうですね、、

052

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その4 ベルハウジング

038

ベンツのエンジンに 合体する ミッションケースの完成です!

ざっと サンドブラストをかけて  キレイキレイしてみました、

045

フライホイールとクラッチを エンジンに取り付け

ダイアフラムでいいんでしたっけ?バネの角度もわるくなさそうです

作業してると 感じることですが 40年くらい前のエンジンなのに  最近までの 直6エンジンと オイルパンまわりのつくりや クラッチまわりのサイズなど あまり変わっていません

わりとスムーズに作業が進みます、 よしよし、

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

W113 5速化計画 その3 

012

ミッションの先端部を加工したので 一度ばらして 点検とオーバーホールです009

こちらも かなり年代物の クロスミッションですが まだまだ快調です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

W113 5速化計画 その2 フライホイール

006

ベンツに使用する フライホイール、クラッチディスク、カバーです

フライホイールはノーマル加工、クラッチカバーはザックス製です

ディスクは同じ外径で スプラインが 使用するミッション用になってます

ディスクの厚みがちがうので フライホイールを加工しましたが クラッチの切れなどに

問題がでないか ちょっと心配なところであります、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MGB かっちゃいました

019

動かない MGB 買っちゃいました、

最終型ウレタンバンパーのレストアベースです

乗らなくなってから 5~6年は 経っているようで 結構 傷んでいる部分も ありますが

まぁ なんとかなりそうな感じがしたので、

あ~して こ~してと 妄想はふくらみますが とりあえず 最低限で 早く走れるようにして 車検を 取っちゃいたいです 

でもキャブが 付いてないんですよコレ SUが 余ってるから付けてみようかな

幌もダメだし、乗ってなかったクルマは直すのはけっこう大変かも、、でも秋にはのりたいな

012

室内ですが ダッシュボードに 割れはありませんが 雨にやられてて 結構 そうじが大変そうです、

あと気になったのが ダッシュボードや コンソールが 大きいせいか それともバケットシートのせいか マーク1とくらべると室内が 狭く感じます、

018

そして約半年 いろいろな所に行った こちらのMGBですが 新しいオーナーが決まったので 旅立ちます

元気でがんばってね! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハコスカ レストア バックパネル

008

ただいま ハコスカのリアは こんな状態です、

バックパネルとスペアタイヤの部分は 外されています、

ここまでくると 見ている方としては くるま一台まるごと作っているんじゃないかと 思えてきます

こんなにして しまって 最後 きちんと完成するというのは やっぱり経験でしょうか?

002

まだ 途中ですが こんな感じで すすんでいます、

012

ちなみに コチラは同時進行で作業している アルミボディのアバルトです

あまりくわしくないので 車名等 よくわかりませんが、

アルミボディは 長持ちするのかと おもっっていましたが やっぱり古くなると腐食など色々問題がでるようです

なので アルミの板から 叩き出し 切り貼りして 板金しているようです

なんでも 作っちゃうんですね! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カブ ボアアップ

036

愛車の スーパーカブですが 譲っていただいたときに そのまますぐ キタコの75cc ボアアップkit で 排気量アップして 乗っていましたが 

去年の夏 猿が島の直線で 軽く焼きつかせてしまったのですが その後は何事もなかったように 走っていました、 

ところが最近 急にエンジンの音が うるさくなって しまったので 今度は アルミシリンダーの 80ccのキットを購入してみました、 5700えんナリ

039

外した ピストンです、少しピストンに 引きずった跡があります オイルリングも固着してしまったようです、

オイルリングが固着した為に ピストンが首降りをおこして カタカタ音がしてしまったのでしょうか?

試しに 計ったピストンクリアランスは 4/100くらいでした、

サービスマニュアルの基準値は 1~4/100 です その点は異常ないようです、

キズがついたのは だいぶ前の事でしょうし なんでだろ、

でもって 今度の 80ccは、 6/100でした アルミシリンダーで 50パイ ピストン、ちょっと広すぎるような気がしないでもないですが 

046

かるく慣らしをしての感じは 5ccアップで だいぶ エンジンをまわさないで加速しても 速くなったので うしろの 車からのプレッシャーから すこし解放されたかんじでラクチンです、

あとちょっと 予想外だったのは 75ccから80ccにしても ヘッドは まったく50ccノーマルのままなので 最高速は ほとんど変化しないかと 思っていたのですが 5km/hくらいは 速くなりました、

50ccノーマルヘッドでも 高回転で 少しはパワーアップしてるみたいですね 

自分としては 意外な結果でした、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »